卓球ラバーの動画紹介・クチコミサイト【WRM】ワールドラバーマーケットの【ドイツ系に近い中国ラバー】土星Pro[銀河[YINHE]]の商品情報です。ぐっちぃブログ・サーブ・レシーブ技術動画・練習方法など上達するコンテンツも盛りだくさん!


Home | 銀河[YINHE] > ラバー[裏ソフト]【ドイツ系に近い中国ラバー】土星Pro
商品詳細

【ドイツ系に近い中国ラバー】土星Pro

販売価格: 2,980円 (税別)
(税込価格: 3,218円)
色/厚さ/硬度:
数量:

 

 
 

 

WRM店長の長部です。

 

安倍政権が誕生してから急激な円安が進んでいます。

この円安の影響により、ドイツ系ラバーの値上げが行われようとしている今

 

低価格で性能が非常に高いと噂されている

中国製の新しいテンションラバーを入荷しました。

 

WRMスタッフの試打の報告によると・・・

このラバーは、現在発売されている中国製のテンションラバーから

2ランクぐらいレベルアップしていて、かなりスゴイという情報が入ってきました。

 

果たして急激な進化の噂は、本当なのでしょうか?

このラバーは、一体どんな性能を持ったラバーなのでしょうか?

 

ぐっちぃから動画が届いています。

さっそく一緒に動画を見てみましょう。








土星Pro極薄の紹介動画

 

動画はいかがでしたでしょうか。

 

土星Proの急激な進化をご覧いただけたでしょうか?

 

動画を見て、感じられたのは

今まで発売されていた中国製テンションラバーからは

2ランクぐらいレベルアップした進化を遂げているということです。

 

注目すべきは・・・

ただ、軟らかいテンションラバーに近づいただけでなく

中国製テンションならではの個性的な長所も持っているラバーだということです。

 

 

ブツ切りの下回転を


ドライブでラクラク持ち上げられる

 

土星Proは、今までのドイツ系の軟らかいテンションラバーでは難しとされていた

新しい性能を持っています。

 

それは、切れた下回転に非常に強いという性能です。


土星Proのペタペタした感じの微々粘着シートと

今までの中国ラバーにはなかった26度というめちゃくちゃ軟らかい

(※店舗でスポンジの色で衝動買いしているお客様も・・・)

 

ド派手な、蛍光イエロー色のスポンジ(神弩スポンジ)

 

を、新しく採用したことで、軟らかくてスピードが出るのに球持ちは長いという

今までの軟らかいドイツ系ラバーには、なかった性能を実現しました。







今までの軟らかいテンションラバーだと

球離れが早いため、引っ掛ける前にボールが飛び出して

相手の回転に負けて落としてしまったり・・・

切れているからと、力んでしまうとスポンジに食い込みすぎて

スポンジが腰負けを起こしてネットに引っ掛けてしまったり・・・

ネットに落とすのが怖くなって

スイングの方向を修正し上の方に振ったら

弧線が大きくなりすぎてオーバーしてしまったり・・・

 

軟らかいテンションラバーは

強い下回転に対してコントロールするのが
とても難しかったですよね?



土星Proは、今までの軟らかいドイツ系ラバーの弱点だった

切れた下回転に対して非常に強い性能を持っているんです。

 

 

ラケットを軽くしたい人にもピッタリ


軟らかいテンションラバーユーザーが


気にしている大事な条件のひとつに重量があると思います。

 

重量を気にされているユーザーにも土星Proはぴったりです。

 

今までの中国製テンションラバーは

従来販売されていた軟らかいテンションラバーに比べると

やっぱり、少し重たいラバーでした。

でも、このラバーは軟らかいテンションラバーと


ほぼ同じ重量なので、ラケットが重くなる心配もありません。

 

当店で取り扱っている

スポンジが非常に軟らかいテンションラバーラバー

 

 

TargetSound37.5と比べてみました・・・




軟らかいドイツ系ラバー TargetSound 37.5度





銀河 土星Pro


 

両者は、同じサイズにカットしていますが・・・

TargetSound 59gで 土星Proが58g。

個体差もあると思いますが、ほぼ同様の重量になると思います。


今、WRMで発売している

中国製テンションラバーで最も軽いのが、この土星Proです。

 

でも、このラバーいいところだけではありません・・・

 

 

土星Proの2つの弱点

 

土星Proのいい面ばかり取り上げてきましたが

土星Proには弱点があります。

 

1つめの弱点は、、、

ラバーを貼ってから

弾むようになるまで約3日ラケットに馴染ませる必要があります。

 

シートは微々粘着ぐらいの粘着がついていて

しばらくすると程よく落ちて、弾むようになります。

貼りたての場合、息を吹きかけ粘着を少し落として使用するといいかもしれません。

 

2つめの弱点は、、、

ドイツ系の軟らかいスポンジより

もっと軟らかい26度という非常に軟らかいスポンジを採用しているので

ラケットが剥がす時、スポンジが切れやすいというのが弱点です。

丁寧に剥がせば綺麗に、はがせないことはありませんが、、、

力の入れ具合を間違えるとスポンジがビリッといってしまいます。

スポンジがとても軟らかいので

一度貼ったら貼り替えは難しいラバーとお考えください。

 

 

大ヒット予告

 

2012年中国製品に出した大ヒット予告は2回でした。

それも、2012年12月にMazeProと金星2極薄に出したものです。

 

この2枚ともたったの2ヶ月でWRMの主力商品になりました。

過去、大ヒット予告したラバーはすべて主力商品となっていきます。

 

昨年は1月から12月の初旬まで

中国ラバーには1度も出さなかった大ヒット予告ですが

今年は、いきなり出しちゃいます。

 

というのも、現段階で、あらゆる中国製ラバーを試打しているWRMスタッフ達が

もっとも日本製やドイツ系テンションラバーに近いと考えているからです。

 

これから学販シーズン

軟らかくて重量の軽いラバーがWRMにはありませんでしたが

 

この土星Pro、軟らかくて下回転も打ちやすく

フォア・バックの技術習得がしやすいという特徴から

 

中学校やクラブの指導者を中心に

爆発的なヒットを予想しています。

WRMの学販商品はこのラバーを中心に構成することになりそうです。

 

初級者から中級者まで

幅広くお使いいただけるラバーです。

 

  



土星Proは、、、


今までの軟らかいテンションラバーの変わりになる
新しい中国製テンションラバーです。

スポンジが、あまりに軟らかいため切れやすいという弱点はありますが

 

軟らかいテンションラバーにはなかった、ブツ切れの下回転に強く

球持ちが長く安定性に優れているラバーです。

 

今、発売されている中国製テンションラバーで

日本製・ドイツ系のテンションラバーに最も近づいたのが

この土星Proだと感じています。

 

自分自身も使ってみて、本当にそう感じています。

今回、この劇的な進化を遂げた中国製テンションラバーを試していただき

この驚きを、お客様と共有したいです。

 

もし、あなたが軟らかいテンションラバーを好んで使用しているのなら

この新しい進化を遂げた中国製のテンションラバーをお試しください。

 

烏賊さん
柔らかいラバーにありがちなコシの弱さのない、柔らかいのに強いインパクトでもしっかり球を持つラバー。不思議な使い心地でドライブの打球感も他のラバーとは少し違うのですが、打った瞬間球を持つ、ラケットの上板に当たる感触と共に飛ぶ、というのが感じやすいです。この持つ感覚が強いために相手の回転力すらも軽減して自分の球として飛ばせる感触があります。弾くだけではなく、球をラケット上でホールドする時間が長めと言う事もあり、フラット気味に捉えてもドライブを振りに行けばしっかり回転を掛けることが出来ます。長年卓球を続けていてドライブよりも引っぱたくスタイルが定着している人、なんでも角度打ちで払ってしまう人なんかにはいいラバーでしょう。回転で押したい人には絶対に向かないラバーではありますが、カットマンの場合は切れ味と安定感が良く、ジーニアス+OSのような感触です。

 

justさん

軟らかいドイツ製テンションラバーの打球感とスピード感に球持ちを良くしてコントロールしやすくしたイメージです
。球持ちがいい割に回転量が少ないので簡単にブロックされやすい点、台上のツッツキが浮きやすい点が残念でした。
正直、ここまで中国製テンションラバーがドイツ製テンションラバーに近い性能を再現できてるとは思いませんでした
。これまでの中国製ラバーの常識では考えられないほどの飛距離の出しやすさ、スピード感、打球音、打球感が特徴のラバーです。

 


 

 

 

 

【ドイツ系に近い中国ラバー】土星Pro

販売価格: 2,980円 (税別)
(税込価格: 3,218円)
色/厚さ/硬度:
数量:

Facebookコメント
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス