卓球ラバーの動画紹介・クチコミサイト【WRM】ワールドラバーマーケットの幻守[シェーク][TIBHAR[ティバー]]の商品情報です。ぐっちぃブログ・サーブ・レシーブ技術動画・練習方法など上達するコンテンツも盛りだくさん!


Home | TIBHAR[ティバー] > WRMオリジナルラケット幻守[シェーク]
商品詳細

幻守[シェーク]

販売価格: 8,380円 (税別)
(税込価格: 9,050円)
バリエーション:
数量:

 

   

 


 

もし、あなたがカットマン中・上級者で
ツブ高面のバックカットの切れ味と攻撃力を重視しているのなら

もし、あなたがカットマン中・上級者で
変化度・スピン反転能力が高い
GrassDtecsをもっと扱いやすくしたいと考えているのなら

もし、あなたがカットマン中・上級者で
もっと特徴のある選手、個性的なプレイヤーになりたいと考えているのなら


あなたにとって、このニュースはとても重要なニュースになると思います。


攻撃マンにとっても、本当に要注意な組合せなので
動画をご覧になることをおすすめします。

 



WRM店長の長部です。


カットマンが泣いて喜ぶ、禁断の組合せを
ついに発見してしまいました。

これまでWRM-TVで数多くのブレード・ラバーを動画で紹介してきましたが
その中でも、かなり衝撃度が高い内容です。

WRMスタッフ岡本曰く、高田馬場店でこの動画を見せたお客さんの
2人に1人は、その場でラケットの購入を決めてしまうそうです。


ドライブマンの方、本当に申し訳ありません。
この組合せ、あまりに強烈で、、、きっと大ヒットします。

 

能書きはもういりませんね、、、映像を見た方が早いです。

 

まずは、その衝撃映像をご覧ください。

 

 

 

 

 

動画はいかがでしたでしょうか?


今回あなたに、ご紹介するブレードは
以前、前陣攻守・GrassDtecs専用としてご紹介した『幻守』です。

前回のWRM-TVでは
カットマンには不向きという報告が入っていたので
前陣攻守用として販売していました。

理由は、幻守にGrassDtecs1.2mmを貼ってカットで使ったとき
ツブ高面がジャジャ馬で制御不能に陥ってしまったからです。

今まで、幻守とGrassDtecs1.2mmはカットで使うと相性が悪く
WRMではおすすめできない組合せにしていました。

ところが・・・裏ソフトを変えた途端
GrassDtecs1.2mmが驚くほど使いやすくなり

ラバーの特徴である、ものすごい切れ味、ものすごい変化を
最大限引き出してくれることがわかりました。

幻守とGrassDtecs1.2mmの相性が悪いのではなく
裏ソフトとGrassDtecsの相性が悪かったのです。

ある程度、裏ソフトがツブ高面に影響を与えることは知っていましたが
ここまで大きな影響があるとは・・・



何故くらさんが、あんなに簡単にデスカットが
しかも連発して繰り出せるようになってしまったのか?

理由は簡単、、、コレは技術じゃありません。

道具の力です。

くらさんのカットに対して
ぐっちぃが2回目ドライブをかけたボールを
2回目・3回目くらさんがカットした時

かなりの高確率で球がすべるように沈み
台上でボールがイレギュラーする

デスカットが炸裂していること
ご確認いただけたでしょうか?

1回や2回ではありません。
あの短い動画の中で数えられないほどイレギュラーしています。

あまりにボールがイレギュラーするので
くらさん含めスタッフ全員が『これはスゴイ』と
若干興奮状態になっている空気も感じていただけたでしょうか?



嘘だと思うでしょうが本当の話です。
カット初心者のぐっちぃ・店長・シーザー君でも
ブチ切れカットを連発!?

でも、くらさんは上手だからできるんでしょ?
やっぱりある程度技術がないと、うまく切れないんじゃないの?

まだ疑っている人もいるかもしれません。
本当にカットを上手に切れる
ほんの一部の上級者が狙って繰り出せるデスカット

こういったら失礼かもしれませんが、、、
くらさんは、カットマン中級者
ツブ高に転向してからまだ半年ぐらいのツブ高カットマンとしては初心者です。

即席カットマンのぐっちぃ、シーザー君でも
本職はペンツブで、カットをやったことがないWRM店長でも

ちょっとコツを掴むだけで
相手が持ち上げるのが大変なブチ切れカットを
連発することができてしまったのです。

コレッて本当にすごくないですか?

球離れが早いのに、しっかり持つ感覚がある
今までになかった7枚均等合板のブレード構成は
本当に独特な打球感を持つブレードです。

先日、阿部選手のカットマンを指導するDVDを撮影するために
中級者の千葉工大のカットマンの方2名に来ていただいたのですが

そのうち1名はGrassDtecsのジャジャ馬ぶりに挫折したらしく
その方にも試していただいたのですが、あまりの使いやすさに絶賛!

発売したらすぐ買います!

といっていました。。。。

WRM店長、、、私はカットなんて全くやったことがないですし
基礎すらできない全くの初心者です。

こんな私でも、相手が持ち上げられないほどの
ブチ切れカット、さらにはデスカットを繰り出せるのですから、、、

普段からツブ高面でのバックカットを練習している
あなたが使ったら、とてつもない切れ味、性能を引き出せることは間違いないですよね?



中級者レベルでイレギュラーする
カットを狙って出せれば、相手はすでに詰んでいる

あなたに質問があります。
2本目・3本目のドライブに高い確率でイレギュラーするカットを打てる
カットマンが日本に何人いるでしょうか?

さらに、あたなが学生なら、、、県大会に出場しているカットマンで
社会人の方なら、オープン大会に出場している選手で

何人いるでしょうか?

台上でイレギュラーするデスカットが炸裂すれば
相手がかなりレベルの高いドライブマンでない限り
強烈なドライブボールが返ってくることはありません。

なぜなら、台上でイレギュラーする
特に沈むボールをドライブで強打することは
とても難しいからです。

ドライブが打てないから
ストップやツッツキしようと思っても
そう簡単にはいきません。

ブチ切れたカット、沈むカットを
バウンド直後、ましてや2バウンドで止めることは
至難の技といってもいいでしょう。

ネットに引っかけることを怖れ
角度を高めにすればラバーにボールが触れた途端
ボールがロケットのように『ビュン』と飛び出します。

動画ではあまりの回転量に
ぐっちぃのラバー上でボールがスリップして制御できない
現象が起こっています。

安全にいれようと思えば
ツッツキは必ず台から出てしまうので
あなたにとって絶好のチャンスボールになります。

台から出たボールは
・攻撃してもヨシ
・バックのツブ高でナックルプッシュで押し込んでもヨシ
・相手に打たせてまたブチ切ってもヨシ
主導権は、あなたにあります。

相手が、さらに強烈なドライブ回転をかけて打ち返したとしても心配ありません。
次のカットは、さらに強烈なカットを繰り出せます。

デスカット連発確定です。
ドライブを打てば打つほどドツボにハマル
幻守は、本当に凶悪なカット用ブレードです。



攻撃用ブレードサイズで
台上技術・攻撃技術も抜群!

幻守の特徴は、カットの切れ味だけではありません。
ディフェンス用の7枚均等合板、弾みをおさえたブレード構成でありながら
ブレードサイズは攻撃用と同じに設計されています。

それは、バックカットでブチ切ってチャンスを作り
ドライブ・プッシュ・バックハンドなどでフィニッシュするための
攻守の切り替え、操作性を考慮しているからです。

ブレードが従来のカット用では
サイズが大きい分、スイートスポットがぼんやりしてしまい

芯をしっかりとらえられない
空気抵抗が大きくフォームが大きくなりがちになってしまう。

ブレードサイズが大きい分
貼りつけるラバーの面積も増え、ブレードの重量が重くなり
台上技術からの戻りに遅れをとってしまう

攻守の切り替えの妨げになることも多々あるからです。

攻撃を重視しているカットマンは
小さ目のブレードを選んでいる方も多いです。

特にバックカットで切れる方は
その後のフォアハンドでの反撃を主な得点源にしていると思います。

このようなプレースタイルの選手にとって
ブレードの操作性は、ブレード選びの重要な1つの要素になっているのです。



ナックル・ストレートなどロングサービスに対して
全くスキがない、3つのレシーブ方法

カットマンに対する戦術で
ナックル・ストレートのロングサーブを全面に出し

3球目で一発に抜きに来る戦術をとる攻撃選手がたくさんいます。
あなたはこの戦術に対してきちんと対応できていますか?

幻守なら3つのレシーブ方法で簡単に相手を翻弄することができます。

 

レシーブ方法1:不規則に変化するナックルで返す

動画でぐっちぃが、少し横がはいったぐらいの
フォアのナックルサーブを出し、くらさんがストレートに返球したとき

ボールが大きく不規則に揺れていたこと
しっかりご確認いただけたでしょうか?

幻守は、ブレード表面が硬く球離れが速いため
ツブが大きく軟らかいGrassDtecsとは相性が抜群です。

微妙な横回転に対しても
不規則なツブの倒れ方をするので
打った側も予測できない、大きな変化が生まれます。

 

レシーブ方法2:下回転をしっかり切ってカットで返す

従来のカット用ブレードとツブ高の組合せでは
ナックルサーブやストレートサーブを切って返すのは難しい技術です。

幻守ならブレードの硬さとツブの軟らかさの絶妙なバランスで
普通は、そんなに切れないカットレシーブを

しっかりドライブをかけないと入らないぐらい
下回転をかけてレシーブすることが可能です。

 

レシーブ方法3:積極的に攻撃する

カットとするか、まわりこんで積極的な2球目攻撃を仕掛けるか
従来の重いカット用ブレードで両面待ちにはリスクが伴います。

しかし、幻守は攻撃用ブレードと同じサイズなので
攻守の切り替えが早く、空気抵抗、ブレード重量も攻撃用ブレードとほぼ同じもしくは軽いため

コンパクトにスイングすることができ
極的に攻撃を仕掛けていくことも可能です。

これら3つの特徴的なレシーブを日ごろから練習しておくことで
相手がストレートサーブ・ナックルサーブを出すことを

躊躇させることが出来ると思います。


このラケットには本当にスキがありません。

あなたはロングのストレートまたはナックルサービスで
とことん詰めてくる攻撃選手の戦術に戸惑ったことはありませんか?

幻守は、あなたのこの悩みを大きく解消してくれる可能性を持っています。



発表します!最凶の切れ味を発揮する
ブレードとラバーの組合せ

WRMが最もおすすめする
ブレードとラバーの組合せは

ブレード :幻守
ツブ高  :GrassDtecs 1.2mm
裏ソフト  :ジーニアス+オプティマムサウンド 2.0mm

です。

これが今回撮影で使用した組合せです。
くらさんにジーニアス+OSと同じような

スポンジ軟らかめのドイツ系テンションを
いろいろ試してもらったのですが

今のところコレを上回る組合せは見つかっていません。

裏ソフトでフォアカットしたり、攻撃したりする分には
全く問題ないのですが

ツブ高面、GrassDtecsとの相性が
裏ソフトが変わるとまったく違ったものになり性能を大きく左右します。

同じ軟らかいドイツ系ラバーでも、どうしてこんなに違ってしまうのか?
原因は、残念ながら特定できていません。

幻守発売当初『カット用として幻守はすすめません』の表記をつけて
販売していたことはご存知でしょうか?

これはジーニアス+OS以外のラバーを使い
試打を行っていたためGrassが扱い切れず
そのような表記をつけていました。

くらさん的にも店長的にも、、、ラケット・ツブ高・裏ソフト
全部TIBHARにしてしまうと最高の組合せの信憑性が落ちてしまう
(それは、あまりにもあからさまにTIBHAR押しすぎでしょ〜という感じ)

ので、別メーカーのラバーを推薦したいところですが
なぜか、ジーニアス+OSに裏ソフトで貼ったときだけ
ジャジャ馬GrassDtecsが驚くほど使いやすくなってしまうのです。

というわけで、、、TIBHARさんと単に仲がいいからという理由ではなく
WRMでは裏ソフトにはジーニアス+OSをおすすめします。

ちなみに、最近カット用でも売れている太陽Proですが
幻守+太陽Pro+GrassDtecs1.2mm
すべての長所を打ち消しあい相性が悪いのでご注意を・・・

 


幻守シェーク仕様
ブレードサイズ:タテ157×ヨコ151mm
枚数:7枚合板
板厚:5.3mm
平均重量[FL]:88g
平均重量[ST]:90g
 
 
  
WRMが発見した、禁断の組合せで
今まで体験したことのないカットの切れ味を体験してください。

 
 
 

 

幻守[シェーク]

販売価格: 8,380円 (税別)
(税込価格: 9,050円)
バリエーション:
数量:

Facebookコメント
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス